もふもふ

私を形作るものたちの記録

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説

小説を書き始めました。
奏太くんと瑠子さんのお話。

恋愛小説を書こうとすると、いつも男の人と女の人の二人しか出てこない話になってしまう。
それはきっと、あたしが随分長い間、好きな人と二人きりの世界に生きていたからだと思う。
彼氏のことしか見えてなかったし、見えなくていいと思っていた。
そんな狭い狭い世界でした。

頑張って登場人物増やそう。


とにかく切ない話を書きたいな、と思ってる。
読んだ後に、溜め息しか出ないような小説がいい。


去年の12月、狭くて幸せな世界はばらばらになって、あたしの恋愛観ももみくちゃになった。
それから約半年間、「好き」の定義や恋愛の形、付き合うために必要な覚悟についてとか、本当に色々考えた。
自分が使う「好き」と相手が使う「好き」は必ずしも一致しないことを知ったし、自分の中でも定義が二転三転して、その度に誰かを傷つけたり自分を嫌いになったりした。
いくつもの出来事を、何もなかったような顔をしてやり過ごすことに慣れてしまった。
最低。

幸せな思い出と苦い思い出をくらべたら、苦い思い出の方が多い。
今は、この半年間で味わった苦い感情を昇華させようと思って小説を書いてる。
みんなに共感してもらえるような話かはわからないけれど。


ブログにいつもいつも恋愛のことばっかり書いてて、どれだけ恋愛体質なんだ、って自分でも笑っちゃうけどね。
あたしの世界の中心は、いつも二人であってほしい。
あたしは誰かに依存し依存されていないと生きていけない。
一人では幸せになれない。

IMGP3203.jpg


大好きな人と二人きりで時間を共有してる時って、どうしてあんなに幸せなんだろう。
もうなくしたくないのに。

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shiori1205.blog13.fc2.com/tb.php/88-84c22496

 | HOME | 

■ プロフィール

しおり

Author:しおり

Photo*
pentax K-x
SONY α NEX-5N
VQ1015 Entry
iPhone3GS/4G/5

MF*
たべものブログもやってます

Facebook / twitter

 人気ブログランキングへ

■ カウンター

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ ブクログ

■ 月別アーカイブ

■ 最新コメント

■ リンク

■ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
6932位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
2312位
アクセスランキングを見る>>

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード

■ フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。