もふもふ

私を形作るものたちの記録

  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスク

成長するということは
ずるくなるということ

経験を積むほど
リスクが見える
傷ついたことを 思い出す
これ以上自分が傷つかないように
人を傷つけたり
そんな自分が嫌いで
鬱屈した日々が 無為にすぎる
何も生産しない


守るものができたら
私も強くなるかな

今は自分のことばかりで
守られて 甘えて
一人称の日記を 垂れ流すけれど

いつか
子どもの写真ばかり撮って
「うちの子が立った!」「うちの子が歩いた!」
みたいな
親バカな日記を書きたい

自分を中心に世界が回らなくなったとき
そのときに 私はきっと
大人になっているんじゃないかって

■ コメント

「大人」という言葉の定義って、結構複雑なんですよね。

頭がいいからとか、常識があるからとか、それだけじゃ「大人」って言わない時もあったりする。
でも、誰かの為に自分の世界とか拘りを捨てられるっていうのは、すっごく素敵だし大事だと思います(^^)
そんな美しい人間になりたいなぁ。なんてね(^^)

ただ歳を重ねるだけじゃ、大人になったって言いきれなかったりしますよね…
いつか、自分勝手に生きることから卒業できればいいなって思います(*´ω`*)

素敵な考え方ですね。でも誰かのために生きるのは自分の中では認識しづらいですよね。それも自分のためなんじゃなんて思ったり

大人について
僕は歳と経験を重ねるごとに今いる大人や親のことが「やっぱすごいな」と思えたら、少し大人になっていっている気がします。
子供に「親に尊敬しなさい」と言ってさせることは出来ても、それは言葉だけだと思います。
社会的な生活を組立たてたり、その中で家族を構成していく事は大変で、その苦労を経験して初めてそれを当然のようにしてる人達は「すごいな」と気づくと思うのです。社会生活が出来てるかどうかで大人になったかは自分では判断しづらいのです。
その時一歩大人になっていく気がします。

コメントありがとうございます!
親の立場になって初めてわかること、感謝できること、というのはたくさんありそうですよね…
私はまだ想像しかできませんが、それでも感謝の気持ちは日々持っていたいです。
実感として大人の苦労がわかる日が早くきてほしいです…!

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://shiori1205.blog13.fc2.com/tb.php/145-34234c0a

 | HOME | 

■ プロフィール

しおり

Author:しおり

Photo*
pentax K-x
SONY α NEX-5N
VQ1015 Entry
iPhone3GS/4G/5

MF*
たべものブログもやってます

Facebook / twitter

 人気ブログランキングへ

■ カウンター

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ ブクログ

■ 月別アーカイブ

■ 最新コメント

■ リンク

■ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
6568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
2184位
アクセスランキングを見る>>

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード

■ フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。